カラムナリス病

熱帯魚の飼い方、熱帯魚の飼育方法を初心者にもわかりやすく解説しています。アクアリウムの基本から応用編まで徹底解説、熱帯魚飼育日記でまったりアクアライフ。

熱帯魚大好き!飼育館

TOP > カラムナリス病

カラムナリス病

熱帯魚界の不二の病!!

カラムナリス病


原因


その名のとおり、カラムナリス(フレキシバクター・カラムナリス) と言う最近が原因で発症します。

症状


口の周りや尾びれにカビのような物が付着します。 口の周りに発症した場合、白い粘膜の様な物がつき、やがて赤くただれた様な状態になります。

その状態が進行すると口が開かなくなり、餌も食べれないような状態になり衰弱死します。 またこの病気に感染すると、体力が低下し他の感染症を併発する場合も多くあります。

治療


細菌性に効果があるグリーンFゴールドやエルバージュなどの細菌性に効く魚薬が効果的です。

但し、早期に発見できた場合に限ります。

発見が遅れた場合、殆どの場合死んでしまいます。 また伝染力も比較的強いので、発見した際は早めに隔離して治療した方が良いです。

カラムナリス病


カラムナリス病は熱帯魚界の不治の病と言われています。

この病気は、卵胎生のメダカの仲間に発症するケースが多く見られます。 グッピーやプラティの仲間を飼育している際は要注意です。

症状は、口の周りになにか白いカビのような物が付き、赤くただれて来ます。 そして餌を食べれなくなって衰弱して死んでしまうケースが多いです。

また尾っぽに発症するケースもあります。

口の周りに症状が出た場合、口ぐされ病と言われ、尾っぽに出た場合は、尾ぐされ病と言われる場合もあります。

このような症状を確認したら、すぐさま隔離して治療にあたる方が良いです。 カラムナリスの伝染力は強力で、ほっておくと水槽の中が全滅なんてことになりかねません。



当サイトの内容の全部または一部を無断転機・複製することは一切禁止です。

Copy right (C) 熱帯魚大好き!飼育館 all right reserved